2007年05月21日

上海旅行 〜Part3〜

 こんにちは〜exclamation×2キヨトですわーい(嬉しい顔)上海旅行、今回は蘇州と杭州での出来事を綴っていきますね。

 4月27日(金)晴れ晴れ朝は遅めの10時10分上海駅初の汽車へ乗り西へ1時間。11時過ぎに蘇州駅へ着いて繁華街のほうへ行き辺りをブラブラしていると、(男、野郎2人は観光よりも食目当てなので、食べ歩きが基本)何やらいい匂いが漂ってくる。匂いの正体を突き止めるべく、足を速めると一つのまんじゅうや麺類等を売っている建物へ行き着きました。

 昼飯でちょうど良い時間帯だったので店の中へ入ってみると人が一杯で並ばないと座れないくらいでした。人が多いのだから味は問題ないだろうと並び、待っている間に食べているお客をみると小龍包とラーメンのセットで食べている人がほとんどで、私達もそういう形式で食べることにしました。

 出てきた料理を食べてみてビックリexclamation×2小龍包はまあまあでしたが、ラーメンがとびきり美味しかったのですぴかぴか(新しい)麺は硬めで、こってり系のスープなのですが、麺が本当に美味しかったるんるん

 実は街を歩いていて”蘇式ラーメン”という看板をいくつか目にし、どんなラーメンなんだろうと思ってはいたが・・・。この”蘇式ラーメン”は上海旅行中で食べた数々の中でも群を抜いて一位に輝く程の美味しさだと私は思いました。
 このブログを見てくださっている方々も機会があれば是非”蘇式ラーメン”を食べてみてくださいexclamation×2本当に美味しいです。

 蘇州は綺麗な町並みをブラブラして、世界遺産に登録されているソウ(漢字は山水に倉です)浪亭に訪れたり、7重の塔になっている瑞光塔へ登ったりと、残念ながら面白い事は起きませんでしたたらーっ(汗)

 そして次の日、4月28日(土)曇り曇り朝6時20分杭州行きの汽車へ乗るべく頑張って5時起きで上海駅へと向かいました。汽車に揺られること南西へ2時間。ようやく着いたわいいが、今度はバスに揺られること1時間。杭州と言えばの西湖へようやく到着。

 めちゃめちゃ広い〜exclamation×2との位広いかと言うと西湖の周りを一周歩くと5時間以上掛かるという広さ(現地のおじさんに聞いてみました)。

 歩いて全部見て回るのはあまりにも広すぎるため、一番最初にメインの西湖の真ん中に浮かぶように存在する三譚(譚の部首は山水)印月へ行き、観光をした後は3時間20元(約320円)のレンタル・バイクに乗って虎足包(足と包をくっ付けて一つの漢字)夢泉へ行きました。

 半袖で調度いい位の暑さの中、湖の側に生えている柳の木の下を風を切って走る。正に休暇を、バケーションを満喫してるなぁ〜って気分でしたるんるん……んで着きました次の目的地虎足包夢泉。

 聞くところによると、そこで出る水は表面張力が強く、アルミでできた1毛(中国の硬貨。1元の10分の1。約1,6円)をそっと水の上へ置くと、浮かんでしまうという。

 早速我々2人も何度か試してみるが、これまた全然浮かばないたらーっ(汗)騙されたのかしら?2人合わせて4毛を失うという予想外の出費に落胆の色を隠せませんでした……もうやだ〜(悲しい顔)

 まあそれはともかく景色は西湖よりも表面張力の泉のほうが圧倒的に綺麗でしたぴかぴか(新しい)そこは山の中に位置しているのですが、日本でもこんなに綺麗で、空気がおいしく、神秘的な所は少ないのではないかと思いました。ブログを見て下さっている皆様も機会がありましたら、是非exclamation×2

 後は杭州名物、トンポーロウ(豚のばら肉を甘いタレで長時間煮込んだもの)をお腹一杯食べて幸せになり、たまたま見つけた”蘇式ラーメン”でも一杯引っ掛けて、またまた幸せになって、上海へ帰っていきましたるんるんめでたし、めでたし・・・。

 お次はまた今度近いうちに・・・。ではまた手(パー)
ラベル:留学 上海 中国
posted by 国際交流室スタッフ at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年3月出発組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広島経済大学 〒731-0192 広島市安佐南区祇園5-37−1
TEL:(082)-871-1000 FAX:(082)-871-1005

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。