2007年06月18日

スピーチ・コンテスト

 こんにちは〜exclamation×2キヨトですわーい(嬉しい顔)
 まず皆様にお知らせしないといけないことがあります。私が書いたブログに皆様からたくさんのコメントを頂いており、それを知りながらも中国からでは何度繰り返しても私が書いたブログを閲覧するページまで入ることができず、泣く泣く返信することを断念していましたもうやだ〜(悲しい顔)

 しかし今日もう一度、無理だろうなとは思いながらも《海外留学体験ブログ(長期中国編)》をクリックしてみると、なんとすんなり入れたではないかexclamation&question

 原因として考えられるのは、私が留学に来る少し前、大学のホームページが全くの新しいものに変わっており、長い間《聞いて学長の回答》やら、開設しきれていないものがあり、まだ環境が整っていなかったせいではないのかなと思っています。因みに《聞いて学長の回答》は未だに中国からでは閲覧できませんたらーっ(汗)

 このブログを見て下さっているたくさんの方々、長い間返事を返さずすみませんでしたふらふらできるだけ早く返していきたいと思いますのでもう暫くお待ちくださいあせあせ(飛び散る汗)

 では今日の本題に入っていきたいと思います。

 6月14日(木)快晴晴れこの日は朝から昼までのスピーチ・コンテストでした。スピーチ・コンテストの2週間位前から、このコンテストがあることを告げられたのですが、いつ行うかは告げられず(というより先生達も把握してなかった・・・)、当日の朝普通に学校に行ったら「今日スピーチ・コンテストに出る人は喋る順番を決めるからクジを引いて」とのことあせあせ(飛び散る汗)

 日本と国が違うのは分かるけど、正直もう少し先生間での連絡体制をちゃんとしてほしいと思いましたむかっ(怒り)

 このスピーチ・コンテストは半年に一度あるプログラムの一つらしく、今回は15回目でした。出場権のある人は「初級2」以上で、下と上のレベルの差が激しいので「初級2」と「中級1」、「中級2」と「高級」レベルの2グループ間で争うことになりました。

 私のクラス「中級1」は全部で40人程いるのですが、今年はどうも異例らしく、「中級1」の中でも私一人だけの参加ということで、14人程参加した「初級2」の人達と混ざり一緒に争いました爆弾

 来るこの日まで先生と一生懸命練習をしたのですが、結果はヤレヤレの2等賞ふらふら1等賞が2人、2等賞が4人、残り8人程は3等賞というシステムでした。

 1等賞を取ったのはタイ人2人でした。この2人の素晴らしかったのはあまり大袈裟に詰まることなくスラスラ喋れたこと。大部分の人は何度か止まりながら喋っていました。

 私も大部分の内の一人で、緊張のため2度も止まってしまいましたがく〜(落胆した顔)これが1等賞を取れなかった痛い原因です。 私が1等賞を取れなかったことにガックリしてると、私が一番信頼をおいている先生から「君が1等賞を取れなかった理由は、2度詰まったことだよ。話は面白かったし、初級2クラスの誰よりも聞き易かった。落ち込まずに勉強に励みなさい」と一言。

 この言葉を聞いて「ありがとうございます」と言いたいところですが、あくまでも目標は1番だったので素直に喜べませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)ある先生は「重在参与」という風にも言ってくれました(中国語で参加することに意味があるという意)。

 先生方から色々とコメントをいただいたので少しは気分が楽になりましたが、それでもやはり「垂頭喪気」の状態からは抜け出せませんでした(頭を垂れてがっかりするという成語です)バッド(下向き矢印)

 因みに私が喋ったスピーチ内容は「中国の女の子」です。重苦しい雰囲気の中、皆笑ってくれるだろうかとても心配でしたが、私が率直に思う中国の女の子について語ったところ、笑い方面は大成功でしたるんるん

 残り1ヶ月程の留学生活もこの悔しさをバネにして、またしっかり勉強に励もうと思います。
 それではまた次回ブログを更新するその時まで〜手(パー)

ラベル:中国 留学 大連
posted by 国際交流室スタッフ at 14:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 2007年3月出発組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広島経済大学 〒731-0192 広島市安佐南区祇園5-37−1
TEL:(082)-871-1000 FAX:(082)-871-1005

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。